よみびと知らずの手記

日々云いたくても云えないような事や個人的な趣味等を、誰を気にするでも無く放言していくブログです。

命短し。時間が経つのが早いです。

早いもので、令和を迎えてから一ヶ月が経った。

2019年もすでに5ヶ月が経過しており、上半期も終盤に差し掛かっている。

年々、月日の経つのが早く感じる。

私が子供のころは、一年がとても長いものだった。

両親が、「一年あっという間だなぁ」なんて言っているのを聞いて、

「そんなことない。十分長かったよ」と心の中で思っていたものだ。

それが20台も半ばを過ぎたあたりからか、時間が経つのが早いと思うようになった。

特に、休日は一瞬だ。

遣りたいことをこなすには、時間が足らない。

昔の人は、「光陰矢のごとし」だとか「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり」また「少年老いやすく学成り難し。一寸の光陰軽んずべからず」なんて言っていたけれど、

なるほど、この年になってようやくそれらの言葉が身に染みて感じるようになった。

古典は年齢を重ねるほど、その言葉が心に響く。

古典の価値というものを改めて感じた。


閑話休題


世の中には「ジャネーの法則」というものがあるらしい。

ジャネーの法則とは、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネが著作で紹介した法則。

(中略)

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)と主張したものである。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

引用:Wikipedia


この法則に従うと、人生80年として、4歳から記憶が始まっていると仮定した場合、

人生の折り返しを体感で考えると、なんと19歳になるのだとか。

これに従うと、私の人生はもはや余生といえるのかのかもしれない。

この説が必ずしも正しい訳ではないし、19歳が人生の折り返しと言われた所でどうにもピンとこない。

しかしながら、私個人としては全くのデタラメというのでも無いように思える。



大学生の頃、教授が言っていた事を思い出した。

誰かが、10代の頃と比べて時間が経つのが速く感じると言ったのを聞いてこう答えていた。


「年をとるとね、もっと早く感じるよ。

仮に10代の頃の時間の経過を平坦な道を歩いているものだとしたら、20代は全力で走っていくような感じだね。

30になったら坂道を駆け降りるようなもので、40になったら自転車でくだっていくような感覚だよ。」


時折、この言葉を思い出す。

私も気がつけば還暦を迎えていた、なんてことになるかもしれない。

いや、おそらくなるのだろう。

だからこそ、貴重な時間を無駄にしないように心掛けるのだ。


You Only Live Once


人生は一度きりである。


そんな感傷とも言えないことをつらつらと考えていたら、時間が大分たっていて驚いた。

時間の大切さを感じた。

漫画家、「桐丘さな」を知っていますか?

私はよく漫画を読みます。
音楽同様、色々な漫画家の作品を読むのですが、今日はその中でもここ最近ハマッている漫画家を紹介したいと思います。

その漫画とは・・・こちら!!


桐丘さな です!


知らない方も多いかましれませんので、これか紹介していきたいと思います。


桐丘さなとは

桐丘さなは、2009年に読切『びじょりずむ』でデビューした女性漫画家になります。2011年には『E』で連載デビュー。
また、「メメチダイヤモンド」というサークルで同人活動もおこなっています。


おすすめ漫画TOP3

3位.シズコはオレのヨメ

f:id:genthonest:20190526231838j:plain
シズコはオレのヨメ 1 (NextcomicsF)

全3巻。
超のつく田舎に住む女子高生の糸珠子は平安時代の伝説の鬼・朱里から猛烈にアプローチを受けまくる。
朱里の一途な愛に、糸珠子の中にも新たな気持ちが芽生え始めた時、
二人の間に、最大の試練が―――!?


どたばたラブコメ!という作品。後の作品と比べ、荒削りながらも、ちゃんと楽しませてくれる良作。


2位.昭和オトメ御伽話

f:id:genthonest:20190526231858j:plain
昭和オトメ御伽話 1 (ジャンプコミックス)

既刊2巻。
舞台は昭和初期の神戸。
華族の娘、黒咲常世は継母に疎まれ、孤独な日々を過ごしていた。そんな彼女を「からたち姫」と呼ぶ幼馴染の志摩仁太郎は、彼女に寄り添い、死ぬまで一緒にいようと約束を交わすが、常世との逃避行が失敗し、離ればなれになってしまう。
それから3年、孤独な日々を送る常世の前に仁太郎が現れる。再開を喜ぶ常世だったが、仁太郎は悪魔のような性格に変わっていしまっていた。


前作『大正処女御伽話』の続編となる作品で、『大正処女御伽話』の登場人物も作中に登場します。
個人的にストーリーは前作以上に重さを感じます。しかし、読みづらい訳ではなく、前作が好きな人には十分受け入れられるでしょう。
現時点では、単行本が2巻までしか出ていないため、今後の展開が楽しみです。

下記サイトで試し読みができます↓

shonenjumpplus.com


1位.大正処女御伽話

f:id:genthonest:20190526232115j:plain
大正処女御伽話 1 (ジャンプコミックス)

全5巻。
舞台は大正時代。主人公の珠彦(たまひこ)は、事故により母親と右手の自由を失ってしまう。それが原因で、父親から見放された珠彦は、田舎で一人引きこもり生活を送っていた。
ある日、そこへ珠彦の父によって買われた夕月(ゆづき)という少女が訪ねてくる。彼女は珠彦の世話をするために、嫁としてやって来たのであった。


夕月の天真爛漫ぶりにどうにも振り回されながらも、次第に心を開いていく珠彦。
重いストーリーではあるものの、ポップな画風と夕月のキャラクターで、明るくほんわかと読むことができます。
大正時代の雰囲気に現代っぽいノリが入っており、時代設定が好きではないという方にもおすすめです。

ジャンプSQのサイトで試し読みができます↓

jumpsq.shueisha.co.jp


まとめ

桐丘さなの作品は、結構ダークな部分があるのにもかかわらず、重さをそこまで感じさせないところが素晴らしいです。絵がポップで可愛らしいので、話自体は暗さがあっても程よく中和されており、ダークな作品が苦手な人にも読みやすくなっています。
絵柄が苦手な人も、ストーリーがちゃんとしているので、読んでみたらすんなり受け入れられるはずです。
戦前の雰囲気が好きな人はもちろんのこと、ほんわかラブストーリーが好きな人にもハマると思います。
興味持たれた方は、是非読んでみてください!

人の言葉

人が何かを言うとき。

人は主観で物を言う。

客観的事実をもとに話していたとしても、完全なる客観性というのはまず有り得ない。

人は、その人がこうなって欲しいという願望や思い込みといった主観で話すものだ。

それはそうだろう。

その人の意識というバイアスを経ているのだから。

だから、人によって言っている事が違うという事態が往々にして起こるのである。

そのため、何が本質で最良かを見定める思考力が必要となる。


人の言葉を鵜呑みにしてはいけない。

それがどんなに近しく親しい人間の言葉であろうとだ。

彼らの言葉を鵜呑みにし行動したとして、その行動の責任は、行動した自分自身に帰属するのである。

親身になって語る彼らには、本当の意味で責任を取りようがないのだ。

また、彼らの言葉を鵜呑みにすると決断したのは自分自身なのであるから、その決断の責任を彼らに求めるのは身勝手だ。


自分の人生、自分のものである。

他者の存在無くしては生きられない世の中であっても、所詮は他人である。

だから私は謙虚に、そして傲慢に生きようと思う。

傲慢といっても、それは横柄であることとは違う。

態度ではなく、意志を貫徹するという点において、時には自分の意見の方が優れているとして他人の意見を切り捨てる、という意味である。



こんな事を考えていたら、ふと寂しくなった。

普段使わない頭を使ったから、少し疲れたのかもしれない。

今、クーラーで冷えた部屋で、温かいお茶をすすっている。

このお茶の茶葉は、誰かの手によって摘み取られ出荷された物なのだろう。

体が温まるのを感じた。

Dir en greyというバンド

今日は私が最も好きなバンドについて話したいと思います。

私はジャンルを問わず、色々な音楽を聴くのですが、他のアーティストの曲を聴いても、結局必ずこのバンドに戻ってくるんですよね。


そのバンドとは・・・


Dir en grey です。


海外でも活躍しているバンドなので、知っている人も少なくないかもしれませんが、改めて紹介したいと思います。

Dir en greyとは

f:id:genthonest:20190519080835j:plain

Dir en greyは1997年に大阪で結成されたヴィジュアル系バンドになります。
オルタナティブロックやデスメタル、ミクスチャー等々、ジャンルに囚われず幅広い音楽性で、多くの名曲を産み出しています。
人間の業、痛み、苦しみ、醜さや愚かさといった部分をバンドのテーマに掲げており、それらを時に激しく、また時に美しく表現しています。
メンバーは以下の通りです。


Vo.京(きょう)
Gt.薫(かおる)
Gt.Die(ダイ)
Ba.Toshiya
Dr.Shinya


このバンドは圧倒的なまでの個性の塊です。
ボーカルは言わずもがな、ギターやドラムも個性的なフレージングなどで面白いですし、曲を下支えするベースラインは素晴らしいです。
演奏技術においては秀でている訳ではないですし、ピッチを外すことも多くありますが、それらを補って余りあるものがこのバンドにはあります。

その個性から、人によっては合わない人もいると思います。しかし、百聞は一見にしかず。ということで、私チョイスで何曲かピックアップしました。


おすすめの動画

「人間を被る」

MVです。曲の一部がカットされています。


DIR EN GREY - 人間を被る [Restricted] (Promotion Edit Ver.) (CLIP)


シンプルな曲構成とキャッチャーなサビで聴きやすい曲となっています。

「濤声」

liveバージョンになります。


[subbed] Dir en grey - Tousei


息を呑むほどにエモーショナルな表現。その感情はとてもリアルで、このパフォーマンスを前に、私は沈黙するしかありませんでした。引き込まれ、彼らから目を離すことができず食い入るように見いってしまいました。
そして曲が終わってから訪れる完全なる静寂は、この世界から隔絶されたかのようです。

「 vinushka」

MVになります。uncensored(規制無し)verが貼れなかったので、こちらの規制バージョンのリアクション動画を貼ります。


Electric Reactions (DIR EN GREY-VINUSHKA) OFFICIAL VIDEO!!!!


歌詞とマッチした非常にメッセージ性の強いMVとなっています。
2回目のサビからの映像が特に衝撃的で、胸が締め付けられる思いでした。
もはやただのMVではなく、1つの映像作品です。


Dir en greyの曲は、ヘヴィであるものの、きちんとメロディーがあるので、その手のバンドの中でも比較的聴きやすい方だと思います。
上記の楽曲の他にも、「THE FINAL」「INCONVENIENT IDEAL」など、素晴らしい曲がたくさんあるので、他の曲も聴いてみたいと思われた方は、是非ともお試しください!


おすすめアルバムTOP3

Dir en greyは、アルバム毎に色が変わるため、人によってどのアルバムが好きかは分かれるかと思います。
特に4th『Vulgar』というアルバム以降とそれより前ではかなり変わるので、なかなか比較しずらい所があります。
なのでここでは、私の独断と偏見でおすすめのアルバムを3つ紹介したいと思います。

第3位『ARCHE

f:id:genthonest:20190519080103j:plain

01. Un deux
02. 咀嚼
03. 鱗
04. Phenomenon
05. Cause of fickleness
06. 濤声
07. 輪郭
08. Chain repulsion
09. Midwife
10. 禍夜想
11. 懐春
12. Behind a vacant image
13. Sustain the untruth
14. 空谷の跫音
15. The inferno
16. Revelation of mankind


メジャー9thアルバム。メロディアスなナンバーが多く、7弦ギターを使っているのに、キャッチャーで聴きやすい。

第2位『Whithering to death』

f:id:genthonest:20190519080041j:plain

1.Merciless Cult
2.C
3.朔-saku-
4.孤独に死す、故に孤独。
5.愛しさは腐敗につき
6.Jesus Christ R'n R
7.GARBAGE
8.Machiavellism
9.dead tree
10.THE FINAL
11.Beautiful Dirt
12.Spilled Milk
13.悲劇は目蓋を下ろした優しき鬱
14.鼓動


メジャー5thアルバム。聴きやすい曲が多く並ぶ。Dir en greyのアルバムの中でも人気が高い。

第1位『UROBOROS

f:id:genthonest:20190519080003j:plain

1. SA BIR
2. VINUSHKA
3. RED SOIL
4. 慟哭と去りぬ
5. 蜷局
6. GLASS SKIN
7. STUCK MAN
8. 冷血なりせば
9. 我、闇とて…
10. BUGABOO
11. 凱歌、沈黙が眠る頃
12. DOZING GREEN
13. INCONVENIENT IDEAL


メジャー7thアルバム。Dir en greyの中でも最高傑作との呼び声の高いアルバム。


正直、3つ目をどれにするかで悩みました。ただ、7弦を使い初めてからのアルバムも上げたかったので、聴きやすさ重視で『ARCHE』にしました。


まとめ

正直、書きたいことは沢山あるのですが、キリがなくなるので簡潔にまとめました。
Dir en greyは唯一無二のバンドで、本当におすすめします。
ヴィジュアル系だから・・・という色眼鏡ぬきに、ぜひ聴いて欲しいです。
ハマッたら抜け出せなくなりますよ(笑)

母の日

もうすぐ今日が終わる。
今日は母の日だった。
母の日と言えばカーネーションを送るのが一般的だ。
カーネーションには「女性の愛」や「純粋な愛情」などの花言葉がある。
定番である赤色のカーネーションは「母への愛」「母の愛」「純粋な愛」といった意味があり、母の日の贈り物としては最適だ。

プレゼントに花を渡す。
何て素敵なことだろう。
普段は恥ずかしくて言えないことを、花に思いをのせて伝えるのである。
花を渡すことも十分に恥ずかしいかもしれないけれど、何かに託すことにより、出来ないことも案外やれたりする。
もしかしたら、言葉で伝える以上のものが伝わることもあるかもしれない。

私は母とは離れて暮らしている。
だから、花を送ることはなかったけれど、今日は母の日ということで今までを思い返してみた。
私はできの悪い子供だったから、たくさん迷惑をかけたことだろう。
感謝しなければならないと思った。


ふと、吉田松陰の辞世の句を思い出した。


"親思う 心にまさる親心 今日のおとずれ 何と聞くらん"


(訳)

「子どもが親を思う気持ちよりも、親が子どもを思う気持ちの方が強いことだろう。今日の(処刑の)知らせを(親は)どんな気持ちで聞くのだろう。」


私は親の経験はまだないけれど、それでも親が子を思う気持ちは想像以上のものがあるのだろうと思えた。

何だか今日はいつにもましてうまく言葉に出来ないけれど、とにもかくにも感謝の念を忘れずにいたいと思う。

今日はもう寝よう。

おやすみなさい。

ゴルフを始めた。

ゴルフを始めた。
およそ半年前のことだ。
始めたと言っても、厳密には全くの初めてではない。
私が中学生だった頃、父に連れられて打ちっぱなしに行った事があった。ショートコースも何度かラウンドした。
けれど結局、ゴルフに興味をもてなかったので、そのうち行かなくなってしまった。
ゴルフは年配の人が、接待だのコンペだのを休日にやるものだというイメージがあったので、そんな親父臭い事をやりたくはないという思いが密かにあった。
それに、部活動でテニスをしていたので、何かスポーツをやるならテニスだという気持ちだった。


いずれ社会人になったなら、付き合いで自然とゴルフをやるようになるのだろうと思っていた。
しかし、今の職場はゴルフをやる人間がいない。
接待ゴルフもコンペもない。
だから、私の頭にはゴルフのゴの字も無かった。
たまたま仲の良い先輩が新しくゴルフを始めるのにあたって、「一緒にどう?」と誘ってくれたので始めた。
そこで声をかけて貰わなければ、私がゴルフをやることはなかったことだろう。
最初は何の気なしに、ただ誘われたから一緒にやり始めただけだった。
昔に多少の経験があったため、ずぶの素人というわけでもないので、何とかなると思った。
そんな積極的とは言えない理由で始めた私が今、ゴルフに熱中している。


ゴルフの良いところは、個人競技である点だ。
良くも悪くも自分次第。
団体競技のように、誰かに迷惑をかける事もなければ、かけられる事もない。
成績に基づいて、明確な順位づけがなされる。
自己責任の世界である。
社会人になると、団体競技の場合は人数を集めるのが大変だ。 休日にあっても、家族だの恋人だのと都合が合わないことがよく起こる。
ゴルフであれば、打ちっぱなしは仕事終わりに一人でも行けるし、ラウンドするにしても、最近は一人ラウンドなんてものもあるらしいから、自分の都合で決められる。
私はゴルフのそういった所を気に入っているし、向いていると思った。


ゴルフをやっていて、社会人にウケる理由がわかった気がした。
ラウンド中、話しながら回れるというのも接待に適しているし、個人競技な分、接待相手が明確になる。
そこで円滑なコミュニケーションをとることができ、仲を深められたならば仕事にも繋がるという訳だ。


年齢を重ねてもできるというのも素晴らしい点である。
加えて、必ずしも若い人間が勝るとも限らないのが面白い。
仮に年齢を重ねて飛距離が落ちたとしても、ゴルフは戦略や精度により勝つことが可能なのだ。
この面白さは大人の方がうけると思う。


あとゴルフクラブは種類が多く選択の幅が広いので、そこがまた魅力的な所である。
男の人は特にマニアックな所があるというか、懲り性な所があるので、カタログを見る楽しさに似た部分がコレクターズ魂をくすぐる。


かつて親父臭いと敬遠していたのが嘘のように、今ではすっかりゴルフにのめり込んでしまった。
今では時間のある度に、ゴルフ関連の動画やサイトを見ているし、打ちっぱなしやコースに出られるのであれば積極的に行っている。
過去の私が今を見たら、何て言うのだろう。


なかなか厄介な物に夢中になってしまったらしい。

kerzon(ケルゾン)のヴォージュ広場

前回に続き、今回も香水を紹介したいと思います。

前回、エタ リーブル ド オランジェの香水を紹介したのですが、実は一緒にもう1つ香水を購入していたんです。

それがこちら!!


f:id:genthonest:20190504104617j:plain


kerzon(ケルゾン)の「ヴォージュ広場」という香水です。


ケルゾンとは

ケルゾンは、2013年にスタートしたフランス発のブランドです。
デザインから調香、パッケージまでの全てをフランス国内で行っています。
グラフィカルでポップなデザインと天然由来の香りを用いた伝統的なフレグランスの融合は、フレグランス会に新たな風を吹かせる新進気鋭のブランドです。

ケルゾンは、香水の他にも、キャンドルやサシェ(香料の入った匂い袋)、ランドリーソープなど色々な商品を展開しています。

ケルゾンのフレグランスは、いくつかのシリーズに分けられています。

「植物標本シリーズ」
「パリの散策シリーズ」
「夏の思い出シリーズ」
「地中海への旅シリーズクローゼットのためにシリーズ」

などがあります。


ヴォージュ広場について


f:id:genthonest:20190504104253j:plain

香り|
ヴォージュ広場(ローズとレンガの香り)
パリを世界で最も美しい街にしたいという願いを込めて、16世紀に作られた市内で最も古い公園。広場を取り囲むレンガ造りの建物のベランダに茂るバラをイメージした香り。


内容量:
100ml: 4,500円(税別)

原産国:フランス
成分:変性アルコール、香料、水

[引用:NOSE SHOPより]


この香水は、パリの散策シリーズの1つで、濃度としては、オードトワレになります。
もともとルームスプレーだったものが、香水として発売されたものです。


香りの感想

とてもクリアで澄んでいて、そこにバラの香りが漂います。早朝のシンと冷えたみずみずしい空気の中、バラの咲いた庭を散歩している。本当にそんなイメージが浮かんできます。
オードトワレのためか、非常にすっきりとしていますが、香りはそれなりに持続します。香り自体はあまり変化がありません。
バラというだけあって、レディースライクな香りです。
香り自体は万人受けする香りですね。
私は、この香水を嗅いだ瞬間にこれは買おうと決めました。
店員さんが言うに、ケルゾンの中で男女問わず断トツの人気とのことでした。


まとめ

基本的に女性向けな香水ではあるものの、男性がつけても全然問題ないです。
すっきりとしていて、つけていく場所をあまり選らばない、利便性の高い香水ですね。
断トツ人気な理由は分かります。

ケルゾンの香水は、全般的に値段が安く、買いやすいのが素晴らしいですね。
100mlで4,500円+税はニッチフレグランスの中では破格の値段と言えるのではないでしょうか。
興味を持たれた人はぜひお試しあれ!